農業アイドル「愛の葉Girls」として愛媛県松山市を

中心に活動していたご当地アイドルの

大本萌景(おおもとほのか)さん 16歳

が2018年3月21日にお亡くなりになりました。

死因は友人によるTwitterのツイートによって

自殺であることが判明しています。

16歳という若さで死を自ら選択するなんて

大本さんに一体何がおこったのでしょう?

大本さんが亡くなる前日には、親しい友人や家族と

話し、これからの方向性を決めて前向きに未来を

歩んで行くはずになっていた大本さん。

友人や家族と話し合いを持つほど、自身の今後の活動

に不安を感じていたんでしょうね。

今回はネットで噂されている自殺の理由について

まとめてみました。

広告



 

自殺理由まとめ。

ご当地アイドルとして活動していた大本さんは

AKBに大きな憧れを抱いていました。

ご当地アイドルとしては、成功していても

全国的にテレビで活躍しているアイドルとの

格差を感じていたのかもしれません。

一刻も早く全国的に有名なアイドルになるために

焦りがあったのではないでしょうか?

そして、ご当地アイドルが全国デビューすると

なると、そこには枕営業やお金の問題があります。

こういった問題も自殺の引き金になったかもしれ

ません。

ネットでは、事務所の社長とのトラブルも原因の1つ

として挙げられています。

事務所との金銭トラブルもアイドルにとってあるあるの

ようです。

大本さんの自殺した21日は、実は同じグループのメンバー

が1人卒業ライブを行った日でもあったことから

メンバー内での人間関係に悩んでいたのではないかとも

言われています。

メンバーの卒業を目の当たりにして、自身の卒業の時期

についても考えたのかもしれませんね。

卒業まであと数年、そう思うと全国デビューを一刻も早く

したいと強く思ったことでしょう。

広告



 

 

遺言書。

自らの命を絶つほど、いろいろな事に悩むまじめな性格の

大本さんですから、おそらく残された家族や親身になって

くれる友人に宛てて遺言書を書いていたかもしれません。

ご遺族は遺言書の存在については名言されていません。

亡くなった大本萌景さんの事を考えて公開していないのかも

しれませんね。

 

まとめ。

いかがでしたか?

どんな理由であれ、自殺をするのは良くないです。

未来は誰にも分からないので、どんなに辛いことが

あっても1ヶ月先には問題が解決しているかもしれません。

誰にも未来に待っている幸せを知る人はいませんので、

希望を持って1歩ずつ前に進むしかありません。

辛い思いをして来た過去の自分より、まだ楽しいかも

しれない未来の方がずっと長いはずです。

死を選んだことは、とても残念です。

ご冥福をお祈りします。

広告