大手住宅メーカーの積水ハウス

なんとこの大手の会社が詐欺被害にあったという

事実が公表されました。

驚いたのは、その額!

なんと!63億の被害額。

どうして大手の企業である積水ハウスさんは

騙されてしまったのでしょうか?

地面師(じめんし)と呼ばれるこの詐欺師とは

どんな詐欺師なのでしょうか?

その手口まで調べました。

広告



 

地面師とは?

地面師とは一体どんな人のことを言うのでしょう?

簡単に言うと、不動産詐欺師です。

土地や建物の本来の所有者になりすまして、

不動産を勝手に売買して利益を得ています。

実際には本当の持ち主でない人が不動産を

売買していますので、当然購入者には

不動産の権利は一切移りません。

そのため、お金を払っても不動産は手にする

ことが出来ないのです。

最近は空き家問題が注目されていることも

あって、地面師による詐欺も増えてきています。

数人のグループで構成され、それぞれに役割分担を

して、迅速かつ巧妙に詐欺を働いていることが

多いようです。

あまりに手口が巧妙過ぎて、不動産のプロでさえ

騙されるといったことが起きています。

広告



 

地面師の手口。

地面師と呼ばれる詐欺グループは、

本来の所有者になりきるために、あらゆる書類を

偽造します。

パスポート、印鑑登録証証明など不動産売買に必要

とあれば、何でも偽造します。

そして、今回のように大きな額の取引を会社として

行う場合には、会社と不動産所有者の間に

弁護士さんや司法書士さんといった方たちも

当然入ってきていますが、その方たちでさえ

騙されていますので、偽造がどれだけ精巧なもの

であるかが、うかがい知れます。

今回、積水ハウスさんは現在は営業されていない

旅館を東京オリンピックに向けて購入しようとして

いました。

登記簿の登録者と接触して、購入を決めました。

この旅館は立地がよく人気の物件のため、積水ハウスさんは

お金を払って、自社との契約を約束したのでしょう。

しかし、この時点で積水ハウスさんと売買の話をした

人物はなりすましの地面師でした。

その後、この旅館は登記してある持ち主が死亡して、

実の弟に相続されるという事態に発展。

旅館の売買の話はなくなり、すでに支払った巨額の

お金も返ってこない、そして犯人グループは海外に

逃亡したのではないかと言われています。

さも、自分の名義の不動産であるかのように偽造した

書類で多くの人を欺く手口、そして犯行後は事件が

発覚する前に逃亡するなど、実に計算された

知能犯罪です。

事件の大小はあっても、こういった詐欺行為を

働くグループはとても多いということです。

 

まとめ。

いかがでしたか?

不動産は、とても大きな買い物。

夢や希望にあふれた人生の最大の買い物を

詐欺に利用するなんて許せません。

これからオリンピック開催に向けて、不動産の売買が

加速していくことが予想される中、詐欺には十分

気をつけなければいけません。

広告