お笑いタレントの明石家さんまさんが、

初プロデュースをした連ドラ

Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜。

明石家さんまプロデュースってだけで話題性は

十分なんですが、小出恵介さんがさんまさんの

役を演じていたために、放送ができなくなる危機に

見舞われ、その後は俳優さんを変えて撮影し直し

なんとか放送が可能になるというおまけの話題が

ついてきました。

このドラマは、タイトルからもわかるように

現在は画家としても活躍しているタレントの

ジミー大西さんが明石家さんまと出会って

お笑いタレントとして、才能を開花させるお話

です。

実は、明石家さんまがこのドラマをプロデュースした

のには、とても後輩思いのさんまさんの優しさが

あるんです。

今回は、明石家さんまさんがこのドラマを作った

理由について調べました。

広告



 

現在のジミー大西。

さんまさんとジミー大西さんとの出会いは、

吉本。ジミーさんは学校の勉強が苦手で成績が

悪すぎて就職できず、なんば花月の裏方として

働いていました。その後、吉本に就職してさんまさんと

出会います。

さんまさんが、ジミーさんを運転手にならないかと

言った時には、ジミーさんは運転免許を持っておらず

さんまさんが自動車教習所の費用を出し、

免許を取らせてもらったそうです。

しかし、漢字が読めないジミーさん、何度も教習所の

筆記テストで不合格となり、免許が取れた時には

車が1台買えるくらいにお金がかかったそうです。

明石家さんまさんは、面倒見がいいことで知られて

います。

ジミーさんもさんまさんのサポートの甲斐あって、

売れっ子のお笑いタレントさんになりました。

そんな時にジミー大西さんの絵の才能を

見出した人物がいました。

それが今はお亡くなりになった、岡本太郎さんです。

岡本さんの勧めで画家の道を歩み始めた

ジミー大西さん。

実は、画家をメインの仕事にして以来

ジミー大西さんの収入は激減!

現在は時給850円のバイトをしてなんとか

奥様との生活を維持している状態です。

1作品を完成させるまでに、たくさんの時間をかけて

いるのに収入には結びつかず、なんと画家という

仕事で得られる時給を計算したら350円なんだ

そうです。

広告



 

さんまさんの愛。

ジミーさんの上記の状況を知った明石家さんまさん。

なんとかジミーさんを応援したくて、

今回の連ドラ

Jimmy〜ウソみたいなホンマの話〜

をプロデュースしました。

このドラマが話題になれば、タレントとしても

画家としてもジミー大西さんに知名度が上がります。

さんまさんは、小出恵介さんの事件がありながら

このドラマをどうしても放送したい理由は

このためなのです。

 

まとめ。

いかがでしたか?

明石家さんまは以前から大好きでしたが、

増々、素敵な方だなっと思いました。

ファンへの神対応なんかが、時々ツイッターなどで

つぶやかれていますが、

後輩に対してもこれほどまでに愛ある対応を

してくれるなんて、本当に器の大きな方ですね。

面白いだけではなく、人間性までも完璧!

さすが!明石家さんまさんは核が違う!

広告