銀の匙といえば、週刊少年サンデーに

連載されている大人気の漫画ですよね。

作者は荒川弘(あらかわひろむ)さん。

名前から男性のように思っている方も

多いと思いますが、女性なんですね。

この漫画は、北海道の農業高校が舞台の

学園漫画ですが、実際に北海道の

農業高校を卒業された作者の荒川弘先生

の体験からリアルな農業高校生活を

描いています。

これまでに何度か休載と連載再会を

繰り返していますが、

その理由とは何なのでしょうか?

広告


休載と連載再開。

銀の匙は2011年より連載されるようになりました。

その後、2014年からは不定期の掲載となっています。

つまり2014年以降は休載と連載再開を繰り返して

います。

しかし、今回は10ヶ月ぶりに連載を再開したのに

わずか3話で再び休載となってしまいました。

いったい、なぜこのような事になっているのでしょうか?

 

休載理由。

連載が始まってから、荒川先生は第2子と第3子を

出産しています。

妊娠中も執筆を続けていました。

とても大変だったと思います。

そのことから考えても、荒川先生自身は

休載を望んでおらず、なんとかして

連載を続けたいという意思が伺えます。

しかし、実際には休載しなければいけない

ということは、よほどの理由があるのでは

ないのかと思います。

2014年の休載の際には、

理由は身内の介護とされています。

荒川先生のご主人は市役所にお勤めの

公務員なのだとか。

特に病気という噂はありませんし、

夫が病気なのであれば、収入が心配になり

休載できないのではないでしょうか?

夫や自分の両親が介護を必要としている

場合は、お仕事をされている場合は

施設のお世話になるなどの選択肢が

あります。

こういったことを考えると、介護を必要と

しているのは、お子さんの可能性が高いと

思われます。

何か重い病気になってしまっているのでは

ないかという噂もあります。

広告



 

まとめ。

休載はとても残念ですが、

ご家族の病気によるものであれば、

仕方のないことです。

それが、お子さんだとしたらお母さんとして

休載という選択は正しいと思います。

銀の匙も自身の体験が大きく影響されて

出来た作品なんで、今は大変ですけど

家族の介護がきっと、いい形でこれからの

作品に影響を与えてくれるのでは

ないでしょうか?

ファンの1人として再び連載再開を

楽しみに待っていたいと思います。

妊娠中も休載せずに頑張って連載を

続けてきた荒川先生ですので、

きっと休載に至る大きな理由があるはずです。

荒川先生のご家族の体調が早く良くなり

ますように。

広告