世界中で今、話題の宿泊!

民泊とは、個人の家を有料で宿泊

施設として利用してもらうことを言います。

世界中でこのサービスは提供されて

いて、最近は民泊利用者も民泊として

自分の家を提供する人も増加しています。

例えば、家族旅行で数日家を開ける

予定があるとします。

その間だけ、自分の家を他の人に有料で

宿泊してもらうといったことや、

現在、お住いのマンションの1室だけを

民泊として提供したり、

空き家になっている持ち家を提供すること

も可能です。

日本では民泊法に基づいた条件で

個人の住宅を民泊として提供することが

許されています。

広告



 

民泊を利用するメリット。

民泊は旅館やホテルといった宿泊施設に

比べて値段が安いのが魅力です。

安いものなら1000円からでも宿泊可能

な所もあります。

海外を放浪したいなんて考えているとしたら

安い宿泊料はとても魅力があります。

数名で泊まって女子会なんてことも

できます。自炊をすることが出来る

ところだとお料理も楽しめます。

観光地から離れたところで、田舎生活体験

なんてことも可能です。

もし、誰かお住いのお宅の1室を利用した

民泊を利用すれば、家主さんとの交流も

楽しめたりします。

 

民泊利用時のデメリット。

民泊は安くて、世界中で利用されている

素晴らしいサービスですが、

トラブルになることも度々あります。

当日、家主さんと連絡が取れずに困ったり、

家主さんとトラブルになって追い出される。

近隣の方ともめる。

外国人宿泊者との生活習慣の違いから

ゴミの片付け方なんていう細かい所でも

トラブルに発展します。

中には犯罪に巻き込まれるパターンも

あります。

写真で紹介されている内容と実際の状況が

食い違っているなんてことも海外では

よくあること。

家主さんがお金のためと割り切って

民泊をしているところでは、

冷たい態度をとられてしまうこともあります。

広告



 

まとめ。

いかがでしたか?

安く世界する旅を計画している人にとっては

民泊は大事なサービスです。

しかし、国によって民泊サービスを提供する

条件が異なります。

言葉や文化の違いも大きく影響します。

民泊を利用する際は、

家主さんと蜜にコンタクとをとって、

自分の希望に沿ったものかを確認しなくては

いけません。

そして、連絡先は2つ以上聞いておくべきです。

インターネット上で掲載してある写真を

すべて鵜呑みにせず、積極的に家主さんに

別のアングルからの写真提供をしてもらうこと

が大事です。

そして、当日に条件が違った場合はその旨を

きちんと家主さんに伝えて泣き寝入りをしない

ようにしましょう。

家主さんからの要望もちゃんと伺っておいて

近隣住民とのトラブルを避ける方法をとりましょう。

しっかりと準備して利用をすれば、とても楽しい

サービスを受けることができますよ。

広告