毎週木曜日の夜10時に放送
されている

嫌われる勇気

というドラマを私は毎週楽しみに
拝見しています。

事件を解決する刑事ものの
ドラマですが、

主人公の香里奈な演じる刑事
が無表情、

言いたいことは、はっきり言う。

人の顔色なんて気にしない。

他人の感情などには、興味が
ない。

といった冷めた性格で、
警察組織の中でも
浮いた存在。

その刑事とコンビを組んで
事件を解決するのが、

加藤シゲアキ演じる青山という
刑事です。

なんとか香里奈演じる
庵堂(あんどう)刑事を理解
しようと、

庵堂の恩師である
アドラー心理学の教授のもと
に行き、事件解決のヒントを
教えてもらうというドラマ
構成なのですが、

とても難しいとされる
アドラー心理学の教えを
わかりやすく教えてくれて

とても面白いのです。

しかし、アドラー心理学会が
この度、このドラマで使われて
いるアドラー心理学が一般的な
理解と大きく異ると抗議を
しているそうです。

大幅な脚本の見直しか
放送中止を求めています。

私、個人としては面白く
拝見しているので、終わって
ほしくないのですが・・・

広告



 

アドラー心理学とは?

アドラー心理学とは、どんな理解を
すればいいのでしょうか?

すべての悩みは対人関係の
悩みである

というのが、アドラー心理学と
の特徴です。

ドラマの中でも、復讐のために
殺人を犯した犯人に対して、

アドラー的にいうと、
殺人を犯すという目的を
達成するために復讐を
利用した。

ということになります。

自分の目的遂行のために
自分に都合のいい
言い訳を作ったということ
ですね。

人間は、過去の原因によって
動くのではなく、
今の目的に沿って生きている。

うーん、なんとなくわかる気が
します。

広告



 

アドラー心理学会が
抗議した点。

では、嫌われる勇気という
ドラマのどこがアドラー心理学との
理解の相違点となっているのでしょう?

香里奈の演じる刑事は、
上記で書いたように、

他人の気持ちなどは、無視。

これは、アドラー心理学に
ある

他人の評価で自分の価値を
判断しない。

という部分を誇張して
描いたもので

実際には、

自分の行為の結果が
他者にどう影響するか
配慮しなければならない。


としている部分が抜けて
います。

相互理解のために
努力するようにとして
いるアドラー心理学の
大事な部分をドラマの
中では、

完全に取り去って
香里奈の演じる刑事の
キャラクターが作られて
います。

もしこの点を改善して
放送したら、全然違うドラマに
なってしまいます。

今までの主人公の
キャラクターが変わってしまう
なんて!

 

 

まとめ。

これからの放送はどうなって
しまうのか心配です。

確かに、アドラー心理学の
理解を1部分のみ誇張して
とらえている部分はあるように
思えます。

しかし、アドラー心理学会の
抗議を受けてどんな対応を
フジテレビが行うのかは、

何も発表されていませんが、
誤解のないように

一部、アドラー心理学の理解と
異なる内容があることを
付け加えるなどして

放送を続けてほしいと
思っています。

広告