2月5日に放送された
ボクらの時代にヒロミさんが出演。

ヒロミさんといえば、10年にも
及ぶ休業状態から復活をとげ
今の再ブレークっぷりは
勢いの衰えを知りません。

休業前のヒロミさんより
パワーアップして帰ってきた
感じですよね。

私は、休業前はあまり好きでは
なくて、なんか人の悪口を
仕事としている芸風が
どうしても受け入れられません
でした。

でも最近は、毒舌は変わりませんが
妻の松本伊代さんを、優しく
サポートしてくれたり、

すべて受け入れて許して
くれる器の大きさ

子供に対して無関心な
ふりして、陰でしっかり
支えている感じが

とても好感が持てます。

それに加えて、DIYのセンスの
良さも素敵です。

バラエティー番組に出演の際は
よく休業している間に何を
していたのか?

どうして、休業状態に
なってしまったのかよく聞かれて
いますね。

休業理由とされていた
堺正章さんとの確執も
お互いいいネタにしています。

今回、ボクらの時代で
休業直前に親友と呼べる
友を亡くし、相当大きな
ショックを受けてしまった事
を話していました。

そのヒロミさんの親友について
調べてみました。

広告



 

放送作家の親友。

ヒロミさんが親友の死によって
大きなショックを受けていた事を
話していて、

もしかしたら、この親友の死が
休業と関係があるのかも
しれないと感じました。

それほどまでに、この親友の
存在が大きかったからこそ
今もこうしてお話なさるのか
なあと思います。

亡くなったヒロミさんの親友は

吉野晃章(よしのてるゆき)さん

です。

放送作家をされていました。

2004年の4月15日に
約3年ほどの治療の甲斐なく
肺がんで亡くなっています。

42歳でした。

広告



 

吉野さんの経歴。

吉野さんは、とんねるずの
木梨憲武さんと同じ帝京高校の
サッカー部で活躍されていました。

それがきっかけで、木梨さんから
放送作家になるように
勧められて、この仕事についた
という経歴の持ち主です。

そのため、とんねるずさんとも
親交が深く、ラジオを一緒に
やらてたりしていました。

テレビでも
夕やけニャンニャン
うたばん
とんねるずのみなさんのおかげです
生ダラ
などを手掛けるなど、

本当に仲が良かったという
ことがわかります。

ヒロミさんがまだ
B21スペシャルとして
トリオでお笑いをやっていた頃
のライブも吉野さんが
構成を担当されています。

公私共に仲のよかった
吉野さんが病気になった
時もきっとヒロミさんは
大きなショックを受けたこと
でしょう。

亡くなった時は、なんでこんなに
悲しいくて辛いのに
世の中は普通に動いている
のだろうと感じたと言っていました。

本当に大切に思う人を
亡くした時、私もこんな気持ち
だったように思います。

なんか自分だけ、違う時間
というか空間にいて
悲しい、辛い、苦しいのに
普通に笑って、美味しいって
ご飯食べている人が
いることが、不思議に感じて
いました。

ヒロミさんが、今もこうして親友を
思う気持ちが、とても温かくて
増々、素敵な方だなあと思いました。

広告