2月3日は節分です。

みなさんは節分をどのように過ごし
ますか?

私は毎年、豆まきをします。

部屋の中はで豆まきをすると
とんでもない場所から、ある日
突然

豆!!

なんて事になるので、我が家は
外でやります。

大豆ではなく小さい豆
多分、スープなんかに使うで
あろう砕いた豆を使用します。

そして、それを持って
逃げまわる鬼⇐夫
に向かって投げつけます。

なぜ小さな豆を使うかというと
豆まき後のお掃除を鳥さんに
お任せするためです。

田舎に住んでいるので、
鳥さんがたくさんやってきて
お庭の豆を食べてお掃除して
くれます。

しかし、よく考えてみると
詳しい豆まきの由来も

節分に食べるとされる
恵方巻きの意味も

地域によって食べるものが
変わることも知りません。

ということで調べてみました。

広告



 

豆まきに由来。

室町時代から続く豆まき。

これは、邪気をはらう。
そしていいものを家の中に
入れるという意味があります。

鬼=邪気

そして、米や豆は
昔から邪気をはらうと
言われています。

つまり、
鬼は外=邪気を払う
福は内=いいものを家の中へ

というわけです。

豆まきの豆は炒った豆を
使うのが正式な方法です。

炒る=射るという意味が
あります。

邪気を炒った豆で射る。

面白いですね。

今年は、うちは米をまいてみようかな。

広告



 

節分の食べ物

いわし。
これは、西日本で節分に食べます。
いわしは、焼くと煙がたくさんでますよね。

この煙が邪気を払うと言われて
いて、いわしを食べる習慣が生まれました。

けんちん汁。
関東の一部で食べられます。
寒いこの時期に具だくさんの
けんちん汁を食べて身体を
温めるという健康を考えた
ものです。

こんにゃく。
四国の一部で食べます。
お腹の中を綺麗にするため
整腸作用のあるこんにゃくを
食べます。

身を清める意味があります。

そば。
昔は大晦日が節分だったため
その名残でそばを食べる風習が
残っています。

クジラ。
山口県の一部では、
クジラを食べます。
大きなものを食して
大きな心を持って生活
しようという意味があります。

恵方巻き。
関西で根付く習慣でしたが、
最近は全国で恵方巻きは人気です。

恵方巻きは七福神を表す7つの
具の入った太巻きです。

これを決められた方向を
向いて、無言で1本食べる。

切って食べてはいけません。

福を呼びこむ縁起ものです。

2017年の恵方巻きを
食べる方角は

北北西。

http://r.gnavi.co.jp/food/sushi/ehoumaki/map/

上記のリンクに自宅の住所
を入力すると方角がわかります。

まとめ。

今年は、いろいろな物をいいとこ取り!

けんちん汁(こんにゃく入)、いわしの塩焼き、
クジラの刺し身(入手できれば)、
恵方巻き、わんこそば。

そして、年の数だけ豆。

これで、今年は健康で
幸せな年になること間違いなし!

昔から伝わっている行事には
必ず意味があります。

次の世代に伝えるためにも
こういう行事を大切にしたい
ですね。

広告