昨年11月に滋賀県警長浜署員が
職場の懇親会の席で、

男性署員がスカートをはいた
女性署員にプロレス技の

吊り天井固めこと別名
ロメロスペシャル

をかけてそれを携帯で
撮影し、仲間内でシェアーし
楽しんだそうです。

この行為がセクハラに当たると
して、現在調査が行われて
います。

このプロレス技がなぜ
セクハラ?

そう思った方のために
この技についてまずは、
説明します。

広告


これが吊り天井固めだ!


吊り天井固め
この技のかけ方は、まず上になる
人にうつぶせになってもらいます。
その人のももの外側から
下になる人が自分の
足で巻き込むように挟みます。
そして、両手で相手の両手を
持ち、後方に倒れこみ寝るように
して、相手の身体を釣り上げます。
この技をかけられると、
どうやら反った背中か痛いようです。
この技をスカートを履いた
女性にした男性署員。
う〜ん。
どんな流れでこうなったのか?

広告

警察官や
お医者さん
教員などのお仕事を
されている方がお酒を
飲む席では、あまり評判が
よくないということは
耳にすることもあります。
やはり、失敗の許されない
いつも気を張った状態で
誰かの模範になって働くこと
は大変だと思います。
きっとストレスもすごく大きい
のでしょう。
それがお酒の席で、ストレスを
開放すると、この結果です。
私の個人的な意見ですが、
このプロレス技を女性に
男性がかける
この時点で、私は嫌です。
見ているのも嫌です。
お酒をお互いに飲んでいて
楽しくなっちゃって
勢いやノリでやっちゃった
ということで
百歩譲ってこれは、よし
としても
写真をとるなんて
絶対なし!!
お酒の席での出来事を
面白いからと写真に
撮るなんてやってはいけません。
これは、脅迫材料ですよ。
おまけに、この写真をその場に
いた人にシェアーするなんて
笑えませんよ。
この技をかけた人と
かけられた人の上下関係は
わかりませんが、
これは、パラハラと
セクハラの両面で捜査して
いただきたいです。
もし、複数の女性にこの技を
かけていて、
次は自分の番となったら
なかなか断ることは
できませんよ。
この事件に限らず、
会社関係の男性と一緒に
飲む席では、女性は不快な
思いをすることは多いの
ですよ。
でも女性が感じる不快を
男性は理解できないんです。
だから、仕方ないと思う部分も
あります。
でもスキンシップはアウトです。
自分の会社でも立場を考えた
行動をしてほしいです。
仕事関係者との席では
常に紳士の振る舞いが
要求されます。
気をつけたいですね。

広告