田村淳の地上波ではダメ絶対!
というBSスカパーで毎週木曜の
夜10時から放送中の番組の
中で、11月10日放送の回で
記憶喪失の男性について
取り上げました。

発見までの経緯

その記憶をなくしてしまった
男性は、2014年の
1月に沖縄で倒れている
ところを保護されました。

しかし、身分を証明するものを
何も所持しておらず、
記憶をすべて失っていました。

名前も家族もすべて記憶に
ない、自分が誰なのかわからない
状態になっていたため、
大城和真(仮名)さんとして
沖縄で生活する日々を
淳さんが、訪ねて話をしました。

広告


辛いかもしれない過去と
向き合うのか?

記憶をなくした大城さんは、
せめて自分の名前だけでも
知りたいと願っていました。

しかし、記憶をなくすに至った経緯
を考えると、耐え難い過去と
向き合うことになるかもしれません。

大城さんにしっかり
そのことを説明し、それでも
知りたいのか確認したのちに
ツイッターや番組を通して
知り合いを探していました。

大城さんは、自分が誰なのか
わからないまま生きる辛さから。
自殺すら考えたそうです。

そんな人生なら、本当の自分と
向き合った方がいいのではないかと
考えていました。

 

有力情報2つ。

番組を通して、有力情報が2つ
寄せられ、そのうちの1人の方が
心当たりのある、家族に接触して
くれて、番組のスタッフも
ご家族と思われる方と接触しました。

お母さんと思われる女性の話では、
息子さんが失踪したのは、
2014年の1月10日。
沖縄で大城さんが発見される
12日前でした。

住基登録の写真もまさに
大城さんの顔。

失踪当時、原付きの中に
バックが残されており、
お財布も
携帯も
身分を証明するものは
すべて入っていたそうです。

大城さんが発見時に
何も所持していなかった点でも
納得できます。

お母さんと再会。

大城さんとお母さんは、
田村淳さんの計らいで
再会することとなりました。

お母さんは、大城さんをみるなり
泣き崩れ、約3年ぶりにみる
我が子に感情を抑えきれない
様子でした。

大城さんは、記憶が戻ることは
なく、戸惑っている感じでしたが、
何か感じるものがあるのか、
涙を流す場面もありました。

大城さんの過去に何があったのか
失踪の原因もわかりませんが、
とにかく1人じゃなかった、
自分を心配し帰りを
待っている人がいたことが、
嬉しかったようです。

広告


自宅に戻る。

再会後、すぐに実家に行ってみる
ことになりました。

実家についても、ピンとこない感じの
大城さんでしたが、
自分の部屋で、自分の失踪前の
生活を見て思い当たる節が
あったようです。

失踪時に持っていた、本の
話題になると、本の帯がどこかに
ある気がすると探し始め、
本の帯をみつけました。

記憶は失っても趣味や
思考なでは変わっていない
ことがよく見て取れました。

なんと言っても驚いたのが、
携帯電話の指紋認証でした。

携帯が指紋認証登録されて
いたため、これまで誰も中を
開けれずにいたそうですが、
大城さんの指紋で
携帯のロックが解除させました。

指紋は、本人確認として
十分な証拠になります。

このような経緯を経て、
みごと放送から19日で、
お母さんとの再会を果たしました。

これからのことを、
聞かれたお母さんは、
テレビで沖縄の生活を
楽しんでいる息子さんの姿に
ホッとしていたそうです。

帰ってきてほしいと思う反面
帰ってきたら、失踪当時に抱えて
いたであろう苦悩が戻ってくる
かもしれないと語っていました。

短期間で記憶喪失の
1人の男性がお母さんと
再会できるなんて、ネットやメディア
の力ってすごいですね。

広告