超!かわいいと話題の格闘家のRENA
(レーナ)。

2016年の大晦日も、
さいたまスーパーアリーナにて開催される
RIZIN FIGHTING WORLD
GRAND-PRIX 2016
に総合格闘技のルールで
ハンナ・タイソン(ポーランド)
と対戦が決定しています。

今から楽しみ過ぎて待ち切れません。

昨年の大晦日は、総合ルール
初参戦にもかかわらず、
普段は立ち技のみで試合する
ため、使うことのない絞め技で
圧勝でした。

今年の大晦日は、どんな勝ち方を
してくれるのでしょう?

今回は、かわいいのに強いRENA
の強さの秘密を調べてみました。

 

RENAの家族

RENAは4姉妹の末っ子
として、大阪で育ちました。

リーナが小学生の頃には、
すでに上の3人のお姉さんは、
全員結婚されていたそうです。

1番年齢の近い3番目の
お姉さんですら、10歳前後
歳が離れているみたいです。

両親のことは、まったく情報が
ないのですが、想像するに
お父さんの再婚等で、お姉さん
とは、腹違いの姉妹だと
思われます。

この歳の離れたお姉さんに
RENAは、壮絶ないじめに
あっていて、とても姉妹による
かわいいケンカではなく、かなり
きついものだったそうです。

決して、お姉さんたちは格闘経験
があるわけではなく、ストリートで
ナチュラルに鍛えた強さを
持っていたらしいです。

広告


ひきこもりから格闘技

RENAは、上記のような特殊な
環境で育ったせいか、小学生で
ひきこもり生活をしていたそうです。

ふらふらした生活の中で、
目に入った看板が、

シュートボクシングの
及川知浩さん主催の道場案内

だったそうです。

その看板を見て、RENAさんは
格闘技をやれば、お姉さんに
勝てるかもしれないと思ったそうで、
小学6年生で
シュートボクシングを始めました。

格闘技を始めた理由が、
姉への復讐というのは、
壮絶な人生を歩んでおられます。

その後、RENAさんは格闘技の
世界にハマっていき、
16歳でデビューしました。

広告



 

モデルの仕事もしていたRENAさん。
いつも明るい、かわいい笑顔の裏に
こんな壮絶体験があったとは、
驚きです。

お姉さん達のいじめも、今のRENA
さんの活躍に必要だったと思えば、
許せる気持ちになります。

もしかしたら、お姉さん達も
格闘技をやっていたら、
ものすごく強かったのではないかと
想像してしまします。

去年の総合ルールは、初参戦で
寝技などもまだ十分に完成されて
なかったと思いますが、
今年は、もっと進化したRENAに
会えると思います。

どんな戦いを見せてくれるの
でしょう。大晦日に期待です。

広告