ノンスタイルの井上さんが、事故を起こして
活動自粛にある今、
芸人として稼ぎ時とされる年末年始の
仕事はキャンセルとなり、相方の石田さん
としては、途方にくれている状況です。

これまでも、コンビとしてテレビ出演する
ことが多かった2人なので、今後の活動
が心配されます。

広告


石田さんの病歴

ノンスタイルとして、テレビに舞台と
大活躍をしていた頃、ネガティブな評価を
自分自身に感じていたという石田さん。

実は、

うつ病

を発症していたそうです。

もともと、石田さんは人見知りが激しい
内向的な性格でした。

そのせいで、お客さんの前で、明るく振る舞う
自分と本当の暗い自分の間で、悩んで
いきました。

その内に、自分の手がまるで他人の手のよ
うになり、しびれや違和感を感じるように
なっていきました。

仕事でも支障をきたすようになり、漫才の
途中で放心状態になることもありました。

 

25歳の頃、父親の借金を背負うこと
となり、さらなる精神的負担が増えていき
ました。

そして、うつ病が深刻化していきます。
不眠症
過呼吸症候群

になっていきます。

ベランダには、飛び降り防止のために
鳩よけネットを張っていたそうです。

 

うつ病を克服

石田さんは、うつ病をどうやって
克服したのでしょう?

投薬治療を続けていたものの
効果を得られずにいた時、
ブラックマヨネーズの吉田さんが

トーク番組やひな壇の時、
俺も手がしびれてくる



と言ったことで、石田さんは自分だけ
じゃないんだと感じ、気持ちが軽く
なったそうです。

それをきっかけに、石田さんは回復を
していきました。

広告


今後、再発はあるのか?

うつ病は再発する病気です。
今回の井上裕介さんの件で、石田さんが
大きな精神的ストレスを受けていることは、
確かです。

周り人がうつ病という病気を正しく理解し
接していくことが大事です。

石田さんもうつ病で苦しんでいる時の
記憶がないと言っています。

つまり、本人にも気づかないような
小さなうつ病の兆候も逃さないように
そばにいる人たちが、注意していないと
いけますん。

特に注意したいのが、不眠です。
不眠はうつ病の始まりのサインです。

石田さんには、現在奥様とお子さんが
いらっしゃいます。
家族の存在は、とても大きいので
今の石田さんなら、今回のことも
乗り越えてくれると信じています。

仕事が減っても、復帰までに時間が
かかっても、いろいろな人に頭をさげ
なくてはいけなくても、それでも
未来をしっかりポジティブに捉えて欲しいと
思います。

石田さんは、1度うつ病を克服した経験が
あるので、また発症してもまた克服すればいい。
そのくらいの気持ちで、ちょっと休養して、
またみんなを笑わせてくれる日を楽しみに
しています。

広告