2017年の上半期のNHK朝ドラは、

ひよっこに決定しています。

1964年の東京オリンピック前後の

茨城県北西部の農村が舞台です。

東京オリンピックを境に急速に発展を遂げる東京と

かたや、茨城の農村では、オリンピック後も

前と変わらない生活が続けられている。

そんな対照的な2つの間を、行ったり来たりし

生活する主人公。

日本の成長を1つの田舎の家族を通じて、

描くドラマになるようです。

今回も豪華なキャストの皆さんが、ドラマを

盛り上げてくれます。

広告



 

まずは、主人公、谷田部みね子を有村架純さんが演じます。

みね子は、おっとりした性格の高校3年生。

東京に出稼ぎに行き、行方不明になった父を

探しに上京し、東京で仕事を始めます。

 

みね子の父親、谷田部実役に沢村一樹さん。

農業大好きの良き父でしたが、借金返済のために

東京へ出稼ぎに行き、稲刈りのために帰郷したのを

最後に行方不明になってしまいます。

 

みね子の母親、谷田部美代子役に木村佳乃さん。

意外にも朝ドラは初出演だそうです。

明るく、よく働く頼れるお母さん。

夫の行方不明でショックを受けつつ、子育てに奮闘。

夫の帰りを待ち続ける一途な妻でもあります。

 

みね子の祖父、谷田部茂役に古谷一行さん。

口数の少ない茂、しかし、たまにしゃべると毒舌なのです。

家族をさりげなく支える優しい存在。

 

みね子の叔父、小祝宗男役に峯田和伸さん。

みね子の父、実の弟で養子に行っているので、

苗字が違っています。

谷田部家をいつも気にかけていて、

場を和ませてくれる存在。

海外の話もよくしてくれますが、

実際には、東京にも行ったことがありません。

 

他にも、村人役で、羽田美智子さん、

柴田理恵さん、遠山俊也さん、松尾論さん

なども出演されます。

 

音楽も宮川彬良さんという、劇団四季やディズニーのショーなども

手がける、とても有名な方が担当されます。

 

これだけ見ても、もう面白い事間違いなし!

という感じですね。

広告



 

初めは、故郷編からはじまります。

ロケは、茨城県大子町で行われています。

茨城県が朝ドラの舞台になるのは、

1974年の鳩子の海以来で43年ぶりとのことです。

茨城県の皆さんは、楽しみでしょうね。

大子町での撮影は、11月から始められ

諏訪神社(茨城県久慈郡大子町小生瀬2848)

でも撮影されました。

長野県松本市にある

松本深高校(長野県松本市蟻ケ崎3-8-1)でもロケが行われたそうです。

きっとのどかな田舎の美しい農村風景などが

撮影されているのでしょうね。

ドラマのストーリーだけでなく

その背景にある美しい景色にも

注目してみてみたいものです。

来年4月の朝ドラからも目が離せません。

広告