12月13日の日没から14日の日の出までが、観測のチャンスです。

三大流星群として知られる、

しぶんぎ座流星群、

ペルセウス座流星群、

ふたご座流星群。

今月は、日本の空で、ふたご座流星群が観測できます。

 

ふたご座流星群は毎年、ほぼ一定して多くの

流星が見られるという点から、年間最大の流星群です。

条件がいいと、1時間に100個ほどの流星に

出会えるかもしれません。

 

天体観測は、月の明かり影響されやすいものです。

今年の月明りの状況はどうでしょう?

広告



 

今年のふたご座流星群が極大となるのは、

12月14日の午前9時

残念ながら、昼間のため日本での観測は

難しい状況です。

14日の夜は、満月。

月明りが明るすぎますので、

日本での観測可能な時間は、13日の深夜から14日の未明が

今年の観測に適した時間だと言えます。

13日の天候が、曇りや雨だった場合は、

14日の深夜から15日の未明に観測してもいいでしょう。

今年の、関東・甲信越の13日の天候は、

晴れ、

その他の地域は、雨時々晴れなど

観測は関東・甲信越がいいようです。

その他の地域の皆さんには、

あまり観測向きの天候ではありません。

今年は、月明りが明るく、

観測条件があまりよくありませんが、

1時間に10個程度の

流星が見られる予定です。

よーく、夜空を観察して

チャンスを逃さないようにしてください。

広告



 

ふたご座を見つけポイントをしっかり

予習しておきましょう。

まず、ふたご座は、2人の男の子が並んだ姿をしています。

ふたご座を見つけるのは、この2人の頭に当たる明るい星を

探します。

どの方向を向いても観測できますが、

月明りやネオンなどの明かりが邪魔をするので、

なるべく暗いところで、月を背にして

月明りが目に入ってこないように

観測することを、おすすめします。

特に観測に際して、道具も使いません。

山の上など明かりのない場所で、

平らな場所にシートなんかをひいて

寝っ転がってのんびり

お友達とワクワクしながら

お話しをしつつ待つというのが

私のおすすめ観測方法です。

もしうまく見ることができなくても、

お友達と楽しい時間を過ごせたら

ハッピーですよね。

観測に際して、もう1つ重要な準備があります。

流星の速度は、とても早く一瞬の出来事です。

ですから、その一瞬で願い事を言う練習が

必要です。

流星の速さから考えて、1秒間に

だるまさんが転んだくらい言えないと

いけません。

ふたご座流星群が観測できるまで、

あと13日。

毎日、練習を重ねて

ぜひ願い事が言えるようにがんばりましょう!

広告