現在、乳がん、闘病中の小林麻央さん。

夫で歌舞伎役者の海老蔵さんの、男らしい

堂々とした、妻の病気についての会見は

素敵でしたね。

いろいろと良くない噂も多かった海老蔵さんでしたが。

この会見で、たくさんの方を感動させて、好感度が一気にアップしました。

その後も、妻や子供の近況をブログで書くなど、

家庭を大事にしている様子が、すごく好感が持てます。

広告



 

小林麻央さんは、お天気アナとして活躍したのち

バラエティー番組でも、おっとりした、柔らかい印象と

端正な顔立ちで人気を得ていました。

そんな中、数々のスキャンダルがあった、

歌舞伎界のプリンス、海老蔵さんと結婚、

世間を驚かせました。

その後、2児の母にもなりテレビでもあまり見かけなくなっていました。

てっきり、子育てと、梨園の妻業が忙しく

テレビ出演を控えているのだと思っていた方も

多いでしょう。

海老蔵さんの会見で、初めて乳がんであることを

知った時のショックは大きかったです。

麻央さんのガンは、かなり進行していて、

ステージ4にまで達しています。

ステージ4の乳がんの状態はというと、

しこりの大きさを問わず、他の臓器への転移がみられる状態。

麻央さん本人も全身に転移がみられる状態だと告白しています。

ステージ4のガン治療は、手術で患部を取り除くことが、

すでに難しい状態なので、主に痛みを取る治療や、化学療法による治療に

なります。つまり、がんのある状態で、苦痛のない生活を

少しでも長く続けていく方法を探すのです。

しかし、5年後の生存率がわずかに10%しかなくても、ステージ4から

回復する方が10人に1人くらいはいるのです。

広告



小林麻央さんは、幼い子供たちのために、必死にその10%に

なるべく努力をしている状態です。

そもそも、小林麻央さんのように30代で乳がんになるケースは

珍しく、若さゆえに進行も早かったのだと思います。

小林麻央さんが乳がんになった時は、まだ長男の授乳中。

乳房に痛みを感じても、授乳期によくある乳腺炎と

勘違いしてもおかしくありません。

体の倦怠感も子育て中の母親には、誰にでもあるもの

こういった小さなサインが見落とされた結果

ガン発見時には、進行した状態だったのでしょう。

人間ドックで発見されたわけですから、この人間ドックが

なければ、さらに発見が遅れ、10%の可能性すら

失っていたわけです。

現在、麻央さんは、ありとあらゆる方法で

ガンとの共存を模索しています。

いろいろな事を試して、生きる方法を探しています。

本当に強い方だと思います。

こういう前向きに病気と闘う姿勢こそが、最大の治療と

言えるでしょう。

ぜひ、がんを克服して、またあのかわいい笑顔がみたいものです。

広告