バラエティー番組でも

お馴染みの西川史子さんですが、

5月に急性胃腸炎を発症。

その後、激ヤセしていると

話題になりました。

ご本人は、健康ですと

発言していましたが、

再び12月1日より都内の病院に

入院していることが判明しました。

またしても、急性腸炎とのこと。

原因は何なのでしょう?

広告



西川史子さんは、現役の医師でもあります。

芸能活動の傍ら、都内の松倉クリニックで

皮膚科、美容外科、形成外科、内科などの

診療をしています。

芸能活動に加え、医師という

緊張感のある仕事のため

いくら好きでやっているとはいえ、

相当のストレスがあることは、想像できます。

離婚経験もある、西川さん。

一部では現在の彼氏とうまく行かず、ストレスを

抱えているとの噂もされています。

広告



 

そもそも、急性胃腸炎とはどんな病気なのでしょう。

急性胃腸炎を起こす原因として、

暴飲暴食

細菌・ウイルスによる感染、

くすりの多用

過度なストレス

が考えられます。

症状としては、

吐き気、腹痛、発熱

下痢、倦怠感

などがありますが、風邪の症状と似ているため

重症化するまで、気づかずに頑張って

しまったのかもしれませんね。

医師の知識を持ってしても、

やはり自分のこととなると、勝手が違うのでしょう。

西川史子さんと言えば、

歯に衣着せぬ、直球のコメントが売り

それだけに周りの方に気を使っていたのかもしれませんね。

それにしても、5月に患ったばかりの病気に

再びなるなんてことあるのでしょうか。

実際に短期間の間に再発してしまうケースは

珍しくないようです。

ウイルス性の急性胃腸炎の場合など、

原因となったウイルスが、

しっかり完治していない状態で

無理をしたことにより、

再び胃腸炎を起こしてしまうそうです。

西川史子さんも、多忙なご様子。

きっと、完治したと思っていたものが、

疲労やストレスのたまった、体の中で、

少しずつ胃腸炎を起こしていっていたのでしょう。

西川史子さんの毒舌キャラの裏にある

苦労などが、少し見えて気がします。

タレント活動と医師、この2足のわらじを履いて

一線で頑張ってきたのですから、

少しここでゆっくりお休みになって、

元気な姿で帰ってきてほしいものです。

 

お酒をたくさん飲まれる方の場合は、胃腸炎のような激痛を

お腹に感じた場合、膵炎の可能性もあります。

いずれにせよ、ふだんの生活態度によって、

発病の確立は下げられますので、

正しい予防を行うことが、大事です。

風邪だと思っても、無理をすることなく、

安静にして、医師の診断をいち早く仰ぐことで

重症化しなくてすみますので、

皆さんも気を付けてください。

広告