みなさんは、どんなオイルを使っていますか?

うちの子は、野菜が苦手なんです。

でも、揚げ物にすると、食べてくれます。

だから、我が家の食卓には、

揚げ物が頻繁に並びます。

そこで気になるのが、オイル

一言にオイルといっても、

いろいろな種類があります。

迷いますよね、今日はそれぞれのオイルの

特徴を書いてみます。まずは、

1番メジャーなオイルサラダ油

リノール酸を含むオイルです。

どんな料理にも合う、くせのないオイルです。

リノール酸は摂りすぎると、

コレステロール過多になります。

アレルギー症状も出てしまうので、

摂りすぎには注意が必要です。

広告



ラード

とんかつを揚げるときに使ったり、

お菓子にも使ったりしますが、

飽和脂肪酸が含まれており、摂りすぎは、

血液がドロドロになってしまいますので注意が必要です。

エゴマ油

αリノレン酸がふくまれており、

悪玉コレステロールの除去や記憶力の向上に役立ちます。

値段が高いのが難点。

オリーブ油

オレイン酸が含まれています。

酸化しにくく悪玉コレステロールを除去してくれます。

独特の香りが、ドレッシングやパスタによく合います。

ごま油

リノール酸を含むオイルです。

香りが特徴的で、

韓国料理や中華料理には欠かせません。

広告



米油

私が最もおすすめのオイルです。

コレステロールの低下を促進してくれる、

植物ステロールが、オリーブ油の

9倍も含まれています。

酸化しにくいオイルで、

高温になっても劣化しにくいので、

揚げ物に適しています。

日本で作られている、

ポテトチップスのほとんどが

この米油を使用しています。

給食でも1番使いたいオイルです。

給食で使用したい理由として、

原料である、お米が日本で唯一の輸入に頼らずに

生産されていて、安全だという要因もあります。

揚げ物をした時に、経験された方も多いと思いますが、

油酔いをして、揚げ物を見たくもないなんて事があります。

米油は、最もこの油酔いしにくい油だと

言われています。

ただし、価格が高いのが難点で、

給食で使いたいのに使えない油でもあります。

家庭では、使う量も限られていますし、

癖がなくどんな料理にも使えますし、

ドレッシングとしても使えます。

高温で熱しても劣化しにくい特徴から、

揚げ物に使ったオイルをこして、

再利用できますので、価格が高くても使いやすいと思います。

私も、いろいろ使ってみましたが、

やはりこの米油に落ち着いています。

私は、オーストラリア在住ですが、

オーストラリアでも人気の高いオイルです。

スーパーで3リットル、18ドルくらいで売っています。

時々、半額セールなんてやってると、

かなりの勢いで売れています。

私の友達も、私の勧めでたくさんの人が

米油を使うようになりました。

揚げ物はおいしいから、食べたいって方は

ぜひ米油を使ってみてください。

広告